納豆ダイエットの口コミ体験談

納豆 効果 便秘

便秘とは、大便の出る回数や量が異常に減る状態です。

子供でも大人でも年齢に関係なく引き起こされるのが特徴で、具体的な自覚症状はこちらです。

  • 下腹部の膨満感や不快感
  • 吐き気や嘔吐
  • 腹痛

ひどい便秘症で通常の生活に支障がでる方もいらっしゃいます。

慢性的な便秘をそのまま放置していると、体外に排出されない便が腸内で固まって腸閉塞や直腸潰瘍などの合併症を引き起こす危険性があります。

便秘になる原因をまとめてみました。

  • 大腸のぜん動運動の低下によって、コロコロと硬い便になって体外に排出しづらくなる
  • 忙しさや面倒さで便意を逃すと、便が直腸に留まって便意自体が起こりにくくなる
  • 水分の摂取量が少ないと便の水分量も低下し、体外に排出できなくなる
  • 大腸の疾患や先天的大腸過長症で腸そのものに異常が出ている(器質性便秘)

何かしらの病気が原因で器質性便秘を発症するケースはありますが、基本的に便秘は日々の日常生活に原因が潜んでいます。

納豆の効果で薬に頼らず便秘が解消

納豆 便秘 解消

江戸時代に庶民の間で広まったと言われている納豆は、健康的な食べ物の代表格です。

温かいご飯の上に納豆をかけて食べるという組み合わせは、日本人の食事の定番と言っても過言ではありませんよね。

この納豆は、頑固な便秘を身体の内側から解消する効果を持っています。

便秘薬のような即効性は期待できませんが、自然な形で排便を促してくれる効果があります。

「中々お通じができない」「便秘による腹痛や吐き気で悩んでいる」と悩んでいて薬に頼らず便秘を改善した方に納豆はおすすめです。

ここでは便秘に納豆が効果的な理由をまとめています。

納豆の効果がカラダにどんな働きがあるのか、チェックしておきましょう。

2種類の食物繊維がバランス良く含まれている

納豆が便秘の症状に効果的なのは、2種類の食物繊維がバランス良く含まれているからです。

食物繊維とは食べ物の中に入っている難消化性成分で、人間の消化酵素では消化されません。

大きく分けると水に溶ける性質を持つ水溶性食物繊維と水に溶けない性質を持つ不溶性食物繊維の2種類です。

それぞれの食物繊維の効果や働きはこちらです。

  • 水溶性食物繊維:
  • 小腸での栄養素の吸収速度を緩やかにして血糖値の上昇を抑えたり、血中のコレステロール値を低下させたりする作用を持つ

  • 不溶性食物繊維:
  • 水分を吸収すると膨らんで腸を刺激し、大腸のぜん動運動を促して排便をスムーズにする作用を持つ

腸の働きを促したいのであれば不溶性食物繊維、便を柔らかくして排便をスムーズにしたいのであれば水溶性食物繊維が適しています。

両方の食物繊維をバランス良く摂取するのが便秘解消の秘訣です。

納豆の原料の大豆はこの栄養素が豊富な食べ物です。

そのもの納豆 成分

現代人の食生活では、便秘の解消に欠かせない食物繊維が慢性的に不足しています。

食物繊維が不足すると、便秘以外にも次の症状で悩まされるリスクが高まりますよ。

  • 腸の不調によって肌荒れが起こる
  • 痩せにくく太りやすい体質になる
  • 有害物質が全身に広がって成人病を患いやすくなる

私たちの健康に欠かせない栄養素ですので、便の調子が悪い人は意識して納豆を食べてみてください。

大豆オリゴ糖が含まれている

納豆が便秘に効果的な食べ物なのは、食物繊維に加えて大豆オリゴ糖が含まれているからです。

大豆オリゴ糖とはその名の通り大豆食品の中に配合されているオリゴ糖のことで、私たちの健康をサポートしてくれます。

大豆オリゴ糖の摂取で便秘の症状が和らぐメカニズムについてまとめてみました。

  1. 腸内には良い働きをする善玉菌と、悪い働きをする悪玉菌の2種類の細菌が棲んでいる
  2. 大豆オリゴ糖は善玉菌のエサになって悪玉菌が繁殖するのを防ぐ
  3. 腸内環境が整って善玉菌の発酵によって乳酸が産生される
  4. 乳酸が大腸のぜん動運動を活発にするため、お通じが良くなって便秘が解消する

腸内細菌のバランス(腸内フローラ)を整えたり、大腸のぜん動運動を活発化したりする効果が大豆オリゴ糖にはあります。

1日に必要なオリゴ糖の量は成人で3g~5gですが、食生活が乱れていると不足しやすいため、コンビニやスーパーで気軽に購入できる納豆を食べるのは選択肢の一つです。

ただし、納豆の中に含まれている大豆オリゴ糖の量は少ないので、オリゴ糖を摂取する目的の方は蒸し大豆や水煮大豆、豆腐などの大豆食品も同時に食べた方が良いでしょう。

納豆が乳酸菌を増やして腸内環境を整える

栄養価の高い納豆は、乳酸菌を増やして腸内環境を整える作用も持ち合わせています。

乳酸菌とは食べ物から取り入れた炭水化物を分解して乳酸を生成する細菌です。

乳酸菌は、お通じを良くしたり便秘を解消したりするに当たって欠かせません。

なぜ乳酸菌を増やすと便秘の症状が改善されるのでしょうか。

乳酸菌のカラダの中での働きをまとめました。

  1. 乳酸菌が増えると乳糖やブドウ糖を分解して乳酸を生成し、腸内を酸性の状態で保つ
  2. 悪玉菌の増殖を抑制して、大腸に適度な刺激を与えてくれる
  3. 腸の運動を活性化させて排便をスムーズにする
  4. 同時に適度な水分を含んだ丁度良い固さの便になって体外に排出されやすくなる

乳酸菌を増やす代表的な食べ物は納豆だけではなく、味噌やキムチなどの発酵食品も該当します。

腸内環境を整えて大腸の働きを活性化してくれますので、納豆を食べると便秘の解消に繋がるわけです。

便秘の解消以外にも、乳酸菌には次の効果や効能があります。

乳酸菌の効果

  • 免疫力や抵抗力をアップさせて病気知らずの身体を維持できる
  • 代謝のアップで脂肪を燃焼させたり減らしたりする
  • 花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑制する
  • 老廃物の排出を促して肌荒れやニキビを対策できる

美容や健康などあらゆるアプローチが期待できますので、乳酸菌を増やす目的で納豆を積極的に食べてみましょう。

納豆で便秘解消するなら納豆サプリがおすすめ!

納豆サプリ そのもの納豆

納豆はコンビニやスーパーで販売されているので、簡単に毎日の食生活に取り入れることができます。

しかし、納豆で便秘解消効果を実感したいのであれば、納豆の栄養素が詰まった納豆サプリもおすすめですよ。

紙パックの納豆を食べるのと違い、納豆サプリにはいくつかメリットがあります。

  • 納豆菌や乳酸菌を手軽に補給できる
  • 決められた量のカプセルを毎日飲むだけで良い
  • 納豆が苦手な人でも無理なく飲むことができる

「納豆の効果を活かして便秘を解消したい」「納豆が苦手だけど納豆菌を摂取したい」という方に、カプセルや錠剤で作られたサプリメントが向いています。

サプリメントに医薬品のような即効性は期待できませんが、便秘薬に頼らず、自然な形で便秘に悩まされにくい体質を手に入れることができます。

納豆の効果や効能を活かせる納豆サプリをお探しの方は、3粒に10パック分の納豆菌が凝縮されたそのもの納豆を試してみてください。

そのもの納豆には生きて腸まで届く納豆菌が含まれています。

悪玉菌の繁殖を抑えて善玉菌を増やし、自然な形で便秘を解消できるのが特徴です。

そのもの納豆で子供から大人まで毎日スッキリな気持ちになっています。

  • 毎食後にそのもの納豆を飲み始めてから1日に1回のペースでスルリと出ています
  • サプリメントのそのもの納豆は、納豆の嫌な匂いがないので飲みやすいです
  • 夜の寝る前にそのもの納豆を飲むと、朝の快調さが全く違いますよ

納豆だけで作られているので癖にならず、便秘で悩む方にピッタリです。

ぜひ毎日の生活の中にそのもの納豆を取り入れてみてください。

今なら980円のお試しコースがあります。

10日分のお試しで十分効果を実感できるはずです!

そのもの納豆のお試しはこちら

過敏性腸症候群の人に納豆はNG!

納豆は便秘の解消をサポートしてくれる食べ物ですが、過敏性腸症候群の人にはNGです。

過敏性腸症候群は消化器の不調の中でも良く見られる病気で、下記の症状が慢性的に継続します。

  • 便秘や下痢を繰り返す
  • お腹の痛みや不快感を訴える

腸の知覚過敏とストレスが原因で発症するのが特徴で、血液検査や内視鏡検査で異常が見つからないケースも少なくありません。

過敏性腸症候群の人が納豆やキムチなどの発酵食品を食べると、逆に腸の不調が更に悪化しやすくなります。

便秘を解消する目的が逆に症状の悪化に繋がる恐れがあります。

過敏性腸症候群の疑いがある方は、専門医の診断を受けてください。

納豆の効果で毎日スッキリ

納豆は便秘の症状で悩んでいる方におすすめの食べ物です。

納豆の中に含まれている食物繊維やオリゴ糖の効果により、腸内環境を整えてスムーズに排便できる体質に導いてくれます。

パックで販売されている納豆を食べるのもありですが、そのもの納豆を摂取するのも便秘の解消に効果的ですので、ぜひ一度試してみてください。

そのもの納豆のお試し

納豆菌サプリ おすすめ

投稿日:

Copyright© 納豆効果で9キロ痩せた!納豆菌サプリで納豆ダイエットに成功 , 2018 All Rights Reserved.